読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じいちゃんへ

じいちゃんが死んでしまった。じいちゃんのことを忘れないための記録です。

亡くなった日のこと 2

夕方になって、親戚が帰っていく。

お風呂から上がって、再びじいちゃんの元へ。

 

そこには父とおばさんが、じいちゃんを囲うように座っていた。その隣で、ばあちゃんが寝ていた。

父とおばさんにとって、じいちゃんはお父さんだ。昔の話をしながら、じいちゃんの顔を眺めていた。おばさんは泣いていた。

おばさんは埼玉に住んでいる。旦那さんと2人でこっちへ来ていた。家庭のことで問題があり、じいちゃんによく助けてもらっていたみたいだ。

しばらくするとおばあちゃんが目を覚まし、じいちゃんが眩しそうだと言うので、そっと布をかぶせた。

 

2階に行くと、妹が横になっていた。顔面真っ青だった。

妹はつい1週間前に結納をすませたところで、そのとき元気なじいちゃんに会ったばかりだった。じいちゃんの死を、受け入れられないようだった。妹は特におじいちゃん子だった。

結婚式はじいちゃんと歩きたいと話していたばかりだった。

受け入れられないのはわたしも一緒だったし、元気になれるような言葉もみつからない。ただただかなしい気持ちを共有することしかできない。

それでも明日のお通夜までにはしっかりしなければ、しっかりしよう、そんな暗黙の了解があった。

その日はお互い目がぱんぱんに腫れ上がるまで泣いた。