読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じいちゃんへ

じいちゃんが死んでしまった。じいちゃんのことを忘れないための記録です。

お通夜 2

お通夜までにやりたかったことがある。

それは、じいちゃんの写真を集めて、アルバムを作ること。それをみんなに見てもらいたかった。

 

大学生のとき初めて一眼レフを買い、じいちゃんを被写体によく撮っていた。

じいちゃんは男前だ。顔立ちがはっきりしていて、何をしていても絵になった。

畑仕事をしているところ、鉄工所で機械を回しているところ、家でテレビをみているところ、ご飯を食べているところ。

また撮っとるんか、と嫌がられることもたくさんあった。それでも撮り続けた。

 

遺影がないというので、今まで撮った写真を見返したけど、正面を向いていてカメラ目線のものが1つもなかった。ほとんど隠し撮りだったから無理もない。

結局遺影は、ばあちゃんが持っていた10年ほど前の記念写真を引き伸ばして使われることになった。心臓を悪くする前の、顔がすっきりしていて少し微笑んでいる、とてもいい写真だった。

 

ばたばたで作ったアルバムも無事完成。

1つはわたしが撮ったもの、もう1つはじいちゃんの昔の写真や、妹がSNOW(顔が犬になったらするアプリ)で撮ったもの、妹の結納のときに撮った家族写真など。妹が撮ったじいちゃんの写真はネタにしているものが大半だ。

着替えを済ませ、戸締りをし、妹の車で葬儀場へ向かう。

 

葬儀場に入るとすぐ、じいちゃんの名前と遺影が表示されたモニターが目に入ってきた。

こういうものを見ると、現実が突きつけられた感じがする。

その奥には大きな式場。じいちゃんの入っている棺桶の周りにたくさんの花。大きく書かれた親戚の名前。父の会社の方からだろうか、会社名の入った花束がぎっしり並べてある。

さらにその奥には控え室。ばあちゃんと母が着物を従姉妹に着付けてもらっていた。従姉妹は美容師をしている。

ばあちゃんの着物姿を、初めて見たかもしれない。着物の膝元にシミがあった。恥ずかしそうに手で隠そうとするばあちゃんがとても可愛らしかった。

 

 アルバムは控え室に置いておいた。

葬儀場からノートパソコンを借り、エントランスで写真の一部をスライドショーで流すことに。

 

夕方7時。いよいよお通夜が始まる。